2010年08月31日

ゾメタ点滴に行ってきました。

本日、体調もまあまあで

やっと長い体調不良から脱出できたようです。

多少、ふらつきやめまいがありますが

おそらく、医療用麻薬の副作用なのではないかと思います。

今の薬の量が限界なのかな?

痛みはほとんどありません。


今日はゾメタ点滴のため通院

処置室のベットに横たわるも

以前のような痛みと苦痛はない

痛みのコントロールも上出来の様子

先月も腫瘍マーカーなどの血液検査が無かったため

採血もしました。

それから、右手親指の処置も硝酸銀で焼いてもらいました。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
posted by もも at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん

チビの命日

一年前、私の腕の中で

息を引き取ったチビ

本当に苦しみを与えてしまってごめんね。

あなたがどんなに辛かったのか

今の私には、少しわかる気がする。

5年間しか一緒に暮らせなかったけれど

あなたほど、頭のいい良い子はいませんでした。

また、いつか会えるよね。

心安らかに眠って下さい。

yahoo 4892.jpg
posted by もも at 14:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月30日

やっと安定してきたかな?

今回の体調不良はちょっと長引いています。

今日は、やっと体調が安定してきたようで

吐き気もやや減少!

ふらつく感じがしてたのは

熱があったみたい

ずいぶんふらつくのでアレ?と思っていたら

発熱してました。

今日から、ゼローダ・タイケルブの8週目に突入

首のリンパの腫れもまた、若干大きくなってるみたい

でも、これ以上大きくさせない。

また、小さくなるように頑張る。

腫れがあるときは、リンパが必ず少し痛い。

みんなが元気をくれるので

がんばりますよ。

明日は、延期になったゾメタのため通院です。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村

posted by もも at 21:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月29日

一日中ゴロゴロして

本日も体調不良が続き

一日中ゴロゴロ寝て過ごし

あまり食欲もなくダウン


嘔吐することはなかったけれど

やっぱり気持ちが悪い


昨日、指の処置後の状態は

かなり良いです。


火曜日、通院の際には

もう一度、処置してもらおうと思います。
posted by もも at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月28日

ゾメタが延期になったので

昼頃までにはクリニックに行こうと

朝から準備をしていました。

昨日まで、毎日午前中吐き気やめまいで

どうなる事かと思っていましたが

今日はなんとか大丈夫そう


そしたら電話がかかってきて

ゾメタが在庫切れになってしまっていたと連絡

でも、処方箋もらわないと

お薬在庫切れです〜。


とにかく、クリニックへ行きました。


昨日、だいぶ悪化した手の親指

肉芽の部分を処置してもらおうと

硝酸銀という薬品でした。

画像.jpg

↑このように

陥入爪について書かれていたサイトでも

肉芽に対する処置 硝酸銀  凍結法(クライオ) 

というように書いてありました。

しばらくすると、かさぶた状態になり

綺麗にとれて治ります。


前に大変苦痛を伴い

辛かったので、今後このような状態になったら

硝酸銀で焼いてもらいます。


ゾメタは来週31日(火)に延期


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
posted by もも at 17:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月27日

これが始まり

ゼローダやタイケルブの副作用

手の症状はここ数カ月すっかり良くなっていましたが

炊事や洗濯、手袋が手放せなかったのがうそのように

足がやっと落ち着いて一安心したのもつかの間

これが始まりです。

画像 001.jpg

画像 010.jpg


巻き爪が原因で圧迫されているからではないです。

どうして、こんなできものがでてくるのでしょうね。


しばらく経過観察です。

薬は効果が期待できません。

以前もそうでした。

足の処置と同様

薬品で焼くのが一番早く治る気がします。




posted by もも at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん

この吐き気は何?

この1週間ほど

結構つらいこの吐き気は

一体何の副作用なのか?

または、脳転移?

まさか、それは無いと思うけど

頭痛がほとんどないので・・・


フェントステープを増量したのが原因なのか

そういえば、背中の痛みがほとんど感じられない


昨日は、昼に耐えきれなくなり嘔吐

一時間前に飲んだタイケルブも出てしまっただろう


もしも、痛みどめ増量がその一因だとしたら・・・

そう思い、昨夜は風呂上がりに貼り替えるフェントステープの

1mgを半分に切って使ってみた。

就寝!


今朝、起きてそろそろと動き出したのですが

頭のふらつき、気持ち悪さが改善されてない

少し疲れもあるのかな〜と思うけど

この状態で、日常の動きが加わると

また、吐いてしまうかもしれない。

明日は、ゾメタの点滴のため通院しますが

この症状が少しでも良くなっていなければ

報告しなくてはならないのでしょう


忙しくて、仕事の段取りが全く進んでいない中

休んでばかりもいられないし・・・


体の様子を診ながら少しずつ仕事もしないと〜

この高額な治療費を必要とする

乳がん転移患者なのですから。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
posted by もも at 08:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月26日

再発・転移について〜最終章

前回の患者会のテーマ

再発・転移についての続編です。

ここに記載する内容は、

私が通院しているクリニックにて作成されたレポートです。

患者さまそれぞれに当てはまらないケースもありますので・・・


転移の症状に対するレスキュー
・遠隔転移の治療の基本は全身療法であるが
それぞれの症状に対する緩和的処置が必要になることもある。
・全身治療と合わせて症状緩和に努めるのが原則


手のしびれ
・鎖骨上リンパ節転移による神経の圧迫
・縮小効果を期待して、リンパ節に対する放射線治療が有効

胸水・腹水
・少量の場合は、臓器を傷つけることがあるので
胸腔穿刺・腹腔穿刺は原則行わない。
・細胞診施行目的で穿刺を行うことはある。
・多量に貯留した場合は、症状緩和目的で穿刺することがある。
(胸水の場合は、癒着療法を施行)
・頻繁に抜くとたんぱくが減少し、栄養障害を起こす。
・抗がん剤は胸水、腹水中に停滞して薬剤が体内から排出されるのに
時間がかかるので長時間薬物の体内濃度が高くなることにより
予想以上に副作用が強くなることがある。
・原則抗がん剤の量は減少させる。
(タキサンの週一回投与など)
又は、入院して副作用、血液検査データを診ながら投与量をコントロールする。


黄疸
・肝臓から胆汁が排泄されないために生じる。
・胆管を圧迫して胆管が拡張している場合は
たまった胆汁を外に誘導する、経皮経胆管ドレナージを行う。
・総ビリルビン値が3.0mg/d1以上ある場合は
抗がん剤治療は行えない。


骨折・高カルシウム血症
・局所的な骨折に対しては手術も考慮。
・骨折を生じないため、又は疼痛軽減のため放射線治療を行う。
・高カルシウム血症に対しては、ビスホスソネート(アレディア、ゾメタ)
の点滴治療。


脳転移
・放射線治療が有効。
一般的には全脳照射、少量で小さい場合はガンマナイフが効果的。
・放射線治療後は血液・脳関門が破壊すると考えられているので
抗がん剤投与も期待。
・ラパチニブ(タイケルブ)も関門を通過するので
脳転移予防には有効な薬剤である。


遠隔転移のある乳がん
・遠隔転移がある場合の乳がんは手術により根治性は期待できないので
原則手術は行わない。
出血や潰瘍形成を予防する目的で症状が安定しているときに
手術を施行することもある。


局所療法を優先する場合
・脳転移→放射線治療
・大量胸水→排泄、癒着
・大量腹水→排泄
・骨折しやすい痛みの強い骨転移→放射線治療
・神経圧迫→放射線
・閉塞性黄疸→排泄


全身検査の有用性
・マンモグラフィ以外の検査の有用性を
科学的に証明した研究は無いので、検査をしない施設が
増えているが、乳がんの治療により生命の安全を確保できるので
早期発見を目的に行う諸検査は有用である。


再発・転移を見つけるための有用な検査
・単純レントゲン撮影
・超音波検査
・骨シンチ
・CT,MRI
・PET
・腫瘍マーカー
これらの検査を術後定期的に施行する。


検査の盲点
・超音波:放射線被ばくがなく手ごろな検査だが
大きさの比較は難しい
・骨シンチ:全身骨転移の状態を把握するのに適しているが
打撲や骨転移改善途中にも陽性に出る。
・CT:がんの大きさを客観的に判断できるが
1cm以下の病変は描出困難
・PET:CT、超音波などで悪性かどうか判断に困る場合に有用
腫瘍マーカーが上昇していて他の画像ではわからない場合有用なことがある。
CTで発見できる病変がわからないこともある。
・腫瘍マーカー:腫瘍マーカーが上昇しない乳がんもあり
増加したときには、すでに画像上転移巣が認められることもあるので
画像と合わせた判断が必要
治療効果の指標としての腫瘍マーカーの測定は重要


手術後再発予防の化学療法を考慮すべき場合
・腋窩リンパ節陽性
・ホルモンレセプター陰性
・がんの大きさが2cm以上
・年齢35歳未満
・脈管浸潤陽性
・HER2因子陽性


治療にホルモン剤か抗がん剤かの判断は
モルモンレセプター、がんの部位、大きさ、手術から再発までの期間(2年を境に)
など考慮の上のこととなります。


乳がんは初発から10年とよく言われますが

それも千差万別で20年たっても再発もあります。

一度乳がんになったら、一生付き合う覚悟で

立ち向かっていかなければならないでしょう。

残念ながら、亡くなってしまう友人もいます。

また、何度でも戦い続けて今もがんばっている人もいる。


私もいつまでもがんばって戦い続けたいと思っています。

いつも応援してくれている人がいるから


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村

posted by もも at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん

がん骨転移の新薬承認

がん骨転移による骨病変治療に、抗体医薬デノスマブを承認申請

キャリアブレイン記事より転記


第一三共は8月25日、骨関連疾患の治療薬として開発中の抗体医薬AMG162(一般名=デノスマブ)について、がん骨転移による骨病変の治療に対する承認申請を厚生労働省に行ったと発表した。

デノスマブは、破骨細胞の形成・活性化に必須のRANKリガンドを標的とする世界初の完全ヒト型モノクローナル抗体。第一三共は2007年に、同抗体を創製した米アムジェン社から日本国内での開発・販売権を取得し、開発を進めていた。現在、骨粗鬆症の治療薬として国内フェーズ3試験を実施中で、関節リウマチ治療薬としても開発を進める予定。


アムジェン社は既に今年6月、デノスマブについて、年2回皮下注射投与の閉経後女性の骨粗鬆症治療薬として、Proliaの製品名で米食品医薬品局(FDA)から承認を取得。欧州でも5月に、閉経後女性の骨粗鬆症の治療と、前立腺がん患者のホルモン抑制療法に伴う骨量減少の治療の2つの適応で承認を取得している。
 今回日本で申請した適応について、欧米では開発の後期段階にある。

新薬認証によって、新たな治療が選択できるようになり

今後の展開に期待!!


その反面、高額な医療費に

命をお金で買うといった問題も考えさせられる。

実際に、治療費を払えず

治療を断念せざるを得ない例もあると聞いています。

今の段階では、治療を継続できる環境にあることに感謝しております。


がん患者として、みなさんが最善の治療を

受けられることを願っています。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
posted by もも at 11:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん

歯科定期検診

ゾメタ投与のために通院することになった歯科医院

4月にすべての治療を終えて

今日、4ヶ月後の定期検診のため通院

特に、以上もなく

前下部分の歯石取りをしました。


相変わらず、歯石取りだけなのにこの痛さ!

歯石取りって痛くないですか?

結構深くまで器具を入れられるし

知覚過敏になっているところは、やけにしみるし

やっぱり歯医者は大嫌いだ。

乳がん治療のためにいやいや通ったけれど

本当に苦痛でした。

それでも、早めに対処しなかったら

また、長期にわたって辛い思いをしなければならないので

ここは我慢


でもさすがにどこも異常ないだけあって

歯石取りをしても出血は全くありませんでした。

健康な状態だから出血しないんだ〜

実感しました。


今日も体調はいまいち。やはり食欲不振です。

でもなかなかやせない。


posted by もも at 01:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月24日

続・再発、転移について

22日の患者会でのテーマ

再発・転移について

私が通っているクリニックでの話をもとに

記載します。


今回の話で、実は私自身もこのような統計的なことは無知でした。

というより、統計はあえて知ろうとしませんでした。

それは、安心、不安の計りになるか疑問だったからです。

なので、ご覧になった方も一喜一憂しませんように!


乳がんの再発率はどれくらい?
・病期によって異なりますが、約30%の方が再発する。
・5年後の再発率
T期〜10%  U期〜15%  V期〜30〜50%
・再発の危険要素 腋窩リンパ節転移数
・20年以上たっても2〜3%再発する。
近年ではホルモン治療の長期化となっている



再発(局所再発)と転移(遠隔転移)
・乳腺および近くのリンパ節、胸壁再発、局所リンパ節(手術部同側の腋窩リンパ節)
胸骨傍リンパ節、鎖骨上リンパ節転移は狭義の局所再発と捉えるが
遠隔転移に近い。
鎖骨上リンパ節転移による神経の圧迫で手足のしびれが起こることがある。
・遠隔転移
局所再発部位以外の遠隔部位の転移、再発
(肺・肝・骨・脳など)


局所再発の基本的な考え方
・早期に発見することが肝心。
・遠隔転移が起こる前に治療開始(短期の抗がん剤治療)
・部位によっては手術、放射線治療などが有効
・適切に治療を行うことで再度治癒を得られることが期待できる。

遠隔転移の基本的な考え方
・遠隔転移は最終的な治癒は困難
・遠隔転移が見つかった時点でがんは全身化している。
・治療を早く始めてもその後の経過が大きく変わることはない。
・治療が長期化するので副作用の少ないものから始める。


肺転移の症状
・初期症状としては咳(継続的な咳)
・進行すると胸水が貯留

肝転移の症状
・初期はなかなか症状は出ない。(3〜4cmでも症状は出にくい)

骨転移の症状
・初期は無症状
・骨転移の痛みは持続する痛み
・進行すると高カルシウム血症になる。

脳転移の症状
・初期症状は、吐き気、頭痛、ふらつき
・血液、脳関門があるので、最終の転移巣となることが多い。



上記のようなさまざまな所見となります。

術後の定期検診や経過観察でそれぞれの治療となります。


改めて、自分自身の体の状態を再認識しました。


自らが病人で上記にいくつも当てはまっておりますが、

これからも病気の状態についてコメント続けていきます。



にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村






posted by もも at 18:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月23日

患者会・再発、転移について

昨日の患者会は体調もさほど悪くなかったので

参加させていただきました。

今回のテーマは、再発・転移について

まさに、私にとっても旬なテーマでした。


私の事例は、定番の道をたどっていることが

よくわかりました。


遠隔転移ともいわれる

鎖骨上リンパ節転移については

若干部位がずれていますが

まさにその周辺の転移となっています。


私の場合、ホルモン治療が有効なので

トリプルネガティブの方たちと比べれば

まだまだ手だてがあるので

本当にありがたいです。

乳がん関連の薬は、年に何度か新薬が承認されるので

期待が持てます。

この秋にも新薬の承認があるそうですよ。


遠隔転移はやはり最終的な治癒は困難なので

一生の付き合いと覚悟を決め

痛みとも、新たな転移とも受け入れていかなくてはなりません。


それでも、先を歩いている私が

患者会に参加することによって

みなさんの不安などがなくなればいいなと思っています。


にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
posted by もも at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月22日

体調が良くありません。

金曜の夜から痛みどめ増量したので

やはり体調が思わしくありません。

薬がやや効きすぎているのでしょうか?

痛みはだいぶ和らいでいるのですが

食欲不振、気持がわるい!!


それなのに土曜は朝から草むしりをして

気分が悪くなってしまった。

つい、いろいろやってしまうんですよね。

めまいがして気分が悪くなったので

少し休んで、回復しましたが

体調不良は本日も続いております。


今日は、午後から患者会なんですよね。

多分行けると思いますが

この後、用事をこなして見てから・・・


今日はまた暑いので、ゆっくり体を気遣いながら

動きだします。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
posted by もも at 10:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月20日

フェントステープ3mgになりました。

来週28日、ゾメタのため通院なので

本日の処方箋は7日分にしてもらいました。


やっぱり、痛みどめ増量しました。

2mg→3mgへ・・


今日は、薬局も空いていて待ち時間も短そう


ところが・・・


2mgの在庫はあるけれど

1mgの在庫は無し


フェントステープは、1mg、2mg、4mg、・・と

2枚貼りの処方となったためです。


いつもいつも、「次回入荷は火曜日で」と言われ

普段は火曜日までに届けてくれれば

問題ないので、特に苦情も言わなかったけれど

さすがに、「痛くても火曜までがまんしてというのですか?」

といったところ

すぐに、手配してくれて

「本日中に入荷して配達します」とのこと。


そうでしょう?

私だって無理難題は言ってないつもりです。

だって、今日はまだ金曜日の昼

急ぎで注文すれば、すぐ入荷できるはずです。

やればできるくせに、いつもやらなかったのね。


今度、薬局に行く時

1時間待ちコースだったら

少し、文句でも言ってやろうかと思っている。


私の処方箋見ればわかるけれど

医療用麻薬処方箋患者ですよ〜

痛くて1時間も待ってられないっちゅーの

先にお金払うから

薬届けてくれないかしら・・・



本日、フェントステープ7日分

1mg+2mg

お会計 4,170円でした。

一日当たり595円〜

まあ、結構な値段でした。


posted by もも at 15:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 乳がん

陥入爪の処置

ゼローダ、タイケルブの副作用による

陥入爪で7月に悪化した左足の親指を手術しましたが

ほらこんなに良くなっています。

画像 001.jpg

一度、爪がなくなった部分は

皮膚が浸食していってしまうんですね。

ここから、更に新たな陥入爪になってしまわないか心配!


そして、右足の親指も

時々ヤバい感じがする。

以前、陥入爪について調べましたが

本当は、爪を切除するのではなく

曲がった爪にワイヤーなどで矯正したり

皮膚に食い込んでいる部分に

ガーゼやコットンなどを当てて

刺激を無くすのが良いと

皮膚科の先生が書いているサイトで見ました。


確かに、食い込んでいる部分を

いくらカットしてもどんどん深爪になっていくばかりだし・・・


ものは試しで、コットンを詰め込んでみました。

画像 002.jpg

↑ このようにひらめき


最初は、詰めた為に痛いところが圧迫されて

我慢できずにすぐとってしまおうかと思いましたが

このまま悪化したら

右も手術することになるかも?

と思い、少し我慢!


すると、しばらくしたらすぐに慣れて

炎症を起こしかけていた皮膚の状態が

緩和されてきました。手(チョキ)


とりあえずの処置ですが、

深爪で陥入爪の繰り返しになるのだったら

この方法で試して見るのもありでしょう。



今日は、これから痛みどめの処方箋を

もらいに行きます。

新薬のため、前回2週間分しかもらえなかったので・・・

今日の夜の分でフェントステープが終わりです。

今はまだ起きたばかりで

体を動かしていないので、痛みはほとんどないですが

この後の展開では、やはり増量も考えます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
posted by もも at 07:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月19日

ネイル断念

ゼローダやタイケルブの副作用による

手足症候群などに悩まされる前は

ジェルネイルなどのおしゃれを楽しんでいました。

ラインストーンのきらきらをつけたりして・・・


それも副作用でネイルどころではなくなり

いつも自爪で綺麗に伸ばしていたのに


2〜3カ月にわたり、副作用と格闘の末

ステロイドの使用の効果もあり

手に関しては、すっかり良くなったのですが


自前で爪がきれいに伸ばせなくなってしまいました。


伸び始めても、途中で折れるし、割れるし

ジェルネイルのキットもしまいこんでしまいました。


爪を削っていた部分はとっくに伸びてしまったはずなのに

なぜか、爪の厚みがなくなってしまった。


最近では、普通のマニキュアでも

ジェルのように厚みのでるものが売っているみたい。


また、少しネイルでもしてみようかな?


おしゃれをしたら、気分も変わるかも。
posted by もも at 00:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月17日

暑さと痛みに負けそう

今週の入ってからのこの猛暑

熱中症患者が続出

外に犬を出したままも危険です。

我が家のシロチャンもすっかりエアコン好き!


暑さに参ってしまっていますが

背中、右ろっ骨の痛みが増してきている今日この頃


オキノームの効き目も以前のように効果が無く

そろそろ、オキノームも増量しなければならないのでしょうか?


痛い時に飲む、頓服薬なのに

あまり効き目が無いのでは、役に立ちません。


暑いか痛いかどっちかにして

両方はやめて下さい。


あまり外出はしないのだけれど

朝晩の犬の散歩だけで

すっかり健康的な小麦色

見た目はね。元気そう。


posted by もも at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん

2010年08月14日

本日、食欲不振

この数日、泣いてしまうほどの

痛みから解放されてちょっと一安心。


今朝は、テンマル点滴のため通院

最近は、動物病院もお盆休みなしなんですね。

病気は、夏休み関係なしですから。



朝起きてすぐ朝食はあまり食べたくないので

薬を飲むために、少々口に何か入れる程度

今朝は、何もなかったので

牛乳プリンを食べて、薬服用。


休みだけれど、何となく仕事をこなし

11時にタイケルブ服用

なんか食欲がわかない


お昼はさっぱりとそうめんでも作ろうか?

みょうがや大葉を薬味にして・・・


こんなさっぱりメニューなのに

なぜか吐きそうなほど気持ちが悪い。

ふた口食べて、あまりに気持ちが悪いのでベットへ・・・


2時間以上寝た。

少し、気分持ち直した。


もう夕方だね。

また食事に支度か?

何食べよう。

なにも食べたくない。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
にほんブログ村
posted by もも at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん

父に久しぶりに会って・・

今日は、お盆の迎え火

昔は、お盆休み=夏休み=遊びまくる

でしたが、最近はお墓参り、先祖供養が定番となりました。

大人になったのかしら。


久しぶりに実家へ・・・

母が亡くなって11年目

最近は、私の体調が安定しないので

ほんと久々でした。

車で10分くらいの近所なのですが・・・

高齢の父も、すっかり力なくなってしまったのが心配です。

とはいっても私も病人

父は私が骨転移で再発していることは知らないのです。

心配かけてはいけないと思って。


まだ、元気なうちにもっと親孝行をしないとな〜

なかなか遠出するのは困難になってしまったようで

もちろん私も遠くに出掛けるのは難しいし

ちょくちょく顔を見せに行くくらいしかできませんが・・・


我が家には、仏壇はありませんが

お花だけは買ってきれいに活けました。

ご先祖様帰って来ているのでしょうか?

posted by もも at 01:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月12日

ミトラの命日

あれから1年

朝起きたら、君はもう冷たくなって

固くなっていた。

昨夜、寝る前に声をかけたのが

この世の最後だったんだね。


15年間ずっと家族だったミトラが

いなくなるなんて、考えられなかった。


もっと前から、もっと本気で

治療をしていればよかったね。


甘えん坊の君は、家族にみとられずに

そっとひとりきりで逝ってしまった。


夫婦同然だったテンマルにも気付かれずに・・・


ごめんね。

ミトラ、いつも癒してくれたね。

今は、元気に走り回っているのだろうか?


いつかまた会える、そう信じてる

15年の間、家族として生活してきたのだから

また、家族になろう。


このお盆の時期に、天に召され

きっと、たくさんのご先祖様と一緒に

天に帰って行ったのかな?

甘えん坊の赤ちゃんだった君は

本当にかわいかったよ。

明日は、チビもミトラと一緒に帰っておいで。

お墓に迎えに行くから。
posted by もも at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。