2010年07月31日

テンマルの回復ぶり

我が家のテンマル猫術後10ほどになり

そろそろ抜糸かな?

今日、点滴もかねて病院へ

術後の様子は順調でしたが

摘出物の検査結果は

肥満細胞腫というものでした。

犬の場合は、悪性腫瘍となり

再発リスクの高いものだそうですが・・

猫の場合、再発はまれだそうで

今後も点滴通院で経過観察となりました。

術後の抜糸は、このような腫瘍の診断となったため

更に1週間抜糸を遅らせるとの判断


点滴の効果で、血液の値も良好となり

それが、目に見えて効果が表れております。


年だから、あまり動かなくなったのかな?

と思っていたのは、体調のせいだったようです。

最近では16歳のおばあちゃんとは思えぬほどの

おてんばぶり


動物病院のすごさを実感しました。


去年、チビ犬もミトラ猫

今、テンマルが通っている病院に行っていたなら

もしかして、回復していたのでは?と思ってしまいます。


ごめんね。

動物病院はどこも一緒じゃないんだね。


今さら悔やんでも仕方ないけれど

人間と同じで、良い先生に巡り合わなければ

病気は治らないんだって感じました。

それも、ある意味運命?

チビ犬とミトラ猫のおかげで

テンマル猫も長生きできそうだね。

それにこの子はついてるんだね。


これから先、ずっと病院通いになるけれど

私もテンマルもがんばろうね!!





posted by もも at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。