2010年10月23日

この先どうなる?

今日、ゾメタ点滴のため通院しました。

先月の腫瘍マーカー急上昇を受けて

11月より治療方針を変更となりました。

現在投与中のタイケルブからハーセプチンへ戻すことに・・・


約半年ほどで耐性ができてしまうため

このような処置となりましたが

本来ならこの秋新たに認証を受けた抗がん剤と共に

ハーセプチン投与が効果があるようですが・・・

今度は、いつ終わるかもわからない抗がん剤治療となるため

見通しが立たない間は、ずーっと脱毛の状態らしい・・・


さすがに、今回ばかりは拒否しました。

命の問題もあるかとは思いますが

私のプライドもあるので

いつ終わるか判らないかつら生活はゴメンです。

本当に、がんペプチドワクチンの治験に向かって検討ということになりそうです。

主治医は、ワクチンに対するデータなどを

提示すれば、協力は惜しまないと言ってくれました。

もはや、私の治療には次の手がなくなってしまったようです。

正直ちょっとショックです。

本当に、神や仏、奇跡を信じて

といったような状況になりました。

今すぐにどうこう・・・といった状況ではないけれど

何か新しい状況にならなければ

ちょっとヤバいかも・・・

どうかみなさんも応援お願いします。

少しの力でよいので

私に元気玉を送って下さい。


posted by もも at 16:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん
この記事へのコメント
ももさん、こんにちは。
ペプチドワクチンの治験を申し込んでから
受けるまでしばらく待つのでしょうか?
とても混んでいるといったような内容の
ブログを見かけたことがあります。
どうか早めに治験を受けることが出来ますようにとお祈りいたします。
フレーフレーももさん!!

Posted by みかん at 2010年10月25日 10:56
いつもコメントありがとうございます。
絶望するような状況のも負けずに
前に進む覚悟ができました。
きっと、読んでくれるみなさんの希望になるよう
これからもがんばりますよ〜。
いつもありがとう!!
Posted by もも at 2010年10月25日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166850290
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。