2007年05月03日

乳がんの診断と治療は乳腺外科で

乳がんの診断と治療は乳腺外科でと言うことは

最近、常識になってきていますね。

自分の治療法について十分理解することも大事です。

世界標準治療に基づいて治療方針が決まるのでしょうが

主治医によっても多少違ってくるのではないでしょうか?

私の場合、しこりの大きさからして

主治医によっては温存療法は難しかったかもしれません。

乳房が残るのと、無くなるのでは

天と地ほどの違いがあります。

しっかりとしたインフォームドコンセントが大事です。

後悔しないように知識を身につけて欲しいと思います。



posted by もも at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。