2007年10月05日

入院回想録〜転移

乳癌手術の為、入院していた時の事

同じ病気の人はいませんでしたが

抗がん剤投与の為、入院していた人

昔、乳癌で全摘した人

等、70代くらいかな? という方達と同部屋でした。
私の場合は通院で抗がん剤投与を受けましたが

一泊二日程度の入院で、抗がん剤投与を受けるケースも

そんな患者さんが入院して来ました。

2年前に乳癌手術を受けたらしい

今回、転移の疑いで抗がん剤投与を・・・

抗がん剤の効果は顕著にあらわれるのだろう。

しかし、また他の部位でがんを発症し

抗がん剤投与の繰り返し・・・続きを読む
posted by もも at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入院回想録

2007年09月28日

入院回想録〜何が見えたの?

当時の名称、国立東京第二病院に入院していた時の事
その頃はまだ各フロアーの談話スペースのような処で喫煙出来たので

消灯迄の間、大勢の患者が集まり

ちょっとした話しに盛り上がり、結構おもしろかった。

病気の事、家族の事、仕事の事

この病院は国立と言うだけあってかなり古く

戦時中にも使われていたという噂

夜の話題で盛り上がるのは、やっぱり「出た」とか言う話で

慣れない病室のベットで寝るだけでも怖い気がするのに・・・
「俺、霊感あるから見えるんだよね。」という人がいて
窓の外に人影が見えるんだとか続きを読む
posted by もも at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入院回想録

2007年09月26日

入院回想録〜耳の手術

皮膚の表面に脂肪が溜まる穴があることありませんか?

何と言う病名かわかりませんが

皮膚の中では、袋状になっているので

それ自体を切除しなければ完治しないのです。

私にもありましたが、とくに気にしていませんでした。

当時、そんな症状の人が二人いて入院していました。
それは、耳の所に出来ていて炎症を起こすほど悪化していたのでしょう。

深刻な病気ではなかったので、入院生活を骨休めと思っていたようです。

主婦にとっては良いリセットになったのでは?
posted by もも at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入院回想録

2007年09月25日

入院回想録〜薬害

目を患って入院していたときの話です。

彼女は皮膚炎か何かなのかな?と思うような

衣服から露出している肌がすべてそんな感じでした。

話しをしてみると、なんだか目も悪そう。

数日前に風邪をひいて、市販の薬を飲んで寝たんだそうです。

その後、体調が悪化して救急車で運ばれたとのこと。

目や口の中の粘膜、皮膚がただれ視力が低下

薬害ではないか、と言ってました。

それで眼科も診てもらっていた訳です。

電話番号の交換をしたけれど

退院後は音信不通になってしまい

元気にしているかなー
posted by もも at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 入院回想録

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。