2008年05月02日

かつらだってドンドン洗ってしまおう。

去年の今頃は、まだかつらのお世話になっていました。

現在は、セミロングでいい感じの長さになりましたが・・・

これからの時期、かつらも汗や汚れが気になります。

人工毛も人毛も普通にシャンプーしてしまって平気です。

なるべくトリートメント効果の高い

シャンプーとコンディショナーを使った方が良いです。

スタイリング剤やオイルなどを使ってセットしますが

結構抜け毛となってしまいます。

また、毛先の傷みもかなり目立つと思いますが

思い切ってカットしてしまいましょう。

なので、ファッション的なウィッグの方が

安価で使いやすく

使い捨てするつもりで、考えた方がいいのでは?

実際、わたしもウィッグは3つ持っていました。

自毛がある程度伸びるまでの

1年ほどの間、少々大変な思いをしましたが

もう一度、抗がん剤を使うようなことになったら

治療法について、考えてしまうと思います。

仕事をしているので

帽子などで乗り切るには

ちょっと問題があります。





posted by もも at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | かつらのはなし

2007年09月24日

医療用かつらは必需品です。

私も抗がん剤使用で脱毛して

約1年間に渡り、医療用かつらを使用してきました。

帽子などを使っている方を見たことがありますが

なんとなく痛々しい感じがして

私は、帽子で外出することは出来ませんでした。

意外とかつらを使っていることは

気づかれないものなんです。

ウィッグをはずしてベリーショートになった時

凄く短くしちゃったね。

なんて、みんなに言われました。


日本では、成人女性の25人に一人が

乳がんに罹ると言われていますが

その治療法も年々進歩しており、

手術前から抗がん剤治療を行う方法が

主流となっています。

その反面、髪が抜けるなどの副作用は未だ改善されておらず、

治療を行う一方で女性として髪を失くすという

別の悩みが加わります。

そこでかつらが必要となりますが、一般的な医療用かつらは、

約半年の抗がん剤治療期間にもかかわらず、

10万円以上という高額なものや、

逆に低額なかつらは医療用とは言い難い製品になっています。

[フィットミー]は、永年にわたりお客様から得た情報である

「安心」「快適」「経済的」をキーワードに作られた

医療用専用設計とお求め易い価格となっており、

また治療期間にもおしゃれを楽しんでいただけるように

スタイルやカラーも豊富に取り揃えました。





医療用かつらとおしゃれウィッグの違いは

おしゃれウィッグは、地毛があると想定しているので

やや大きく、フィット感に欠ける感じがします。

そして脱毛した地肌が透けて見えてしまうことが無いように

という配慮もありません。

また、脱毛して皮膚が刺激に敏感になっている為

痒くなったり、痛かったりすることが無いように

やさしい肌触りの素材が重要だと言うことです。

1年間、医療用かつらとおしゃれウィッグを

3つ使い分けた経験を是非参考にしていただきたいと思います。

かつらの手入れは思った以上に頻繁にするべきです。

コンディショナー・トリートメントは欠かせません。

特に、うなじの部分など痛みが激しく

自然な状態を維持するのは結構大変です。

それでも、かつらをやめるわけにはいきませんでした。

髪がないと言うことは大変つらいものでしたから・・・

かつらが無かったら、きっと家に引きこもりになっていたでしょう。

仕事にもいけなかったも知れません。

こちら


posted by もも at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | かつらのはなし

2007年06月03日

ウィッグをはずしてみました!

昨日から、ウィッグをはずしてみることにしました。

かつらの手入れも結構大変で

これからの季節は暑くてつらいですから・・・

まだまだショートヘアですが

こんなに短いのは今までではじめてです。

明日、仕事で色々な人に会うのがちょっとドキドキですが

慣れてしまえば楽になるだろうと思います。

ウィッグのお世話になって約1年

とても長かったです。続きを読む
posted by もも at 11:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | かつらのはなし

2006年11月03日

医療用かつら

抗がん剤を使用すると言うことは

悲しいけれど、脱毛の副作用があります。

テレビなどで病気の方の脱毛を目にしていましたが

まさか自分がなんて・・・

医療用かつらというのがあって

ランクはさまざまですが

値段の高いこと!

でも、人毛のかつらをオーダーで作りました。

総額8万円ほど・・・

オーダーでもやっぱりしっくり来ないんですね。

当然、地毛のようにはいきません。

私が作ったかつらの8万は安いほうです。

それでも、医療用かつらなので

使い心地には、たくさんの配慮がされています。


金銭的に高額な医療用かつらの購入が困難な場合

私がお勧めするのは

ネットで販売している

ウィッグです。

値段も3000円程度からあって

元々、茶髪のヘアーだったので

ほとんど違和感がありませんでした。


コスプレ、ウィッグなどで検索すれば

見つかると思います。

これでも十分でした。

ただ、おしゃれのために使う「かつら」とは違って

一日中使うので、メンテナンスが頻繁に必要です。

髪の毛の絡み、汚れでシャンプーや

スタイリング剤を使ったブローが必要です。

それは同時にかつら自体の抜け毛も進みますが・・・

同じようなヘアスタイルのかつらを

数個同時に使うのがお勧めです。


これから購入予定の方は参考にしてください。


posted by もも at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | かつらのはなし

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。